本文へスキップ






                      HOME > 会員の皆様へ > 取引環境改善特設ページ

取引環境改善特設ページ

荷主への協力依頼について・・・トラック運送における取引環境改善に向け荷主への協力依頼を実施しました

    今般の標準貨物自動車運送約款の改正を受け、本改正内容を含めた運賃・料金の収受ルールについて、改めて荷主の理解
  促進のため、県内荷主企業に対する協力依頼を展開しましたのでお知らせします。
  会員の皆様におかれましては、この機会に将来にわたって安定的に輸送サービスが提供できるよう適正な運賃・料金の収
  受に向けて積極的な取り組みをを進めていただきますようお願いいたします。

  ○内容
 (1)新聞広告の掲載
   ・地元新聞紙に広告(半5段サイズ)を掲載
   (山陽新聞 平成29年12月19日(火)朝刊(社会面)掲載広告 ↓ ) 



 (2)協力依頼文書の発出【平成30年1月】
   ・岡山県内の荷主企業(2,110社)宛て文書を発出
     ●トラック運送業の適正取引推進に向けたお願い  (PDF)
     ●運賃・料金の収受ルールが変わります(リーフレット)(PDF)
     ●荷主勧告制度(リーフレット) (PDF)

標準貨物自動車運送約款の改正について

  国土交通省は、トラック運送事業における適正な運賃・料金の収受に向け、平成29年8月4日に「標準貨物自動車運送約款」を改正するとともに、貨物運送事業における運賃及び料金の定義を定めた通達「一般貨物自動車運送事業における運賃及び料金について」を自動車局貨物課長より発出しました。
 今回の主な改正内容は次のとおりで、平成29年11月4日から施行されます。
 なお、この改正により、11月4日から新しい標準約款を使用する場合は、運輸局長に対する運賃・料金の届出が必要となります。また、改正前の約款を引き続き使用する場合や独自の約款を使用する場合は、運輸局長に対する約款の認可申請等が必要となります。
 改正に関する詳細につきましては、中国運輸局岡山運輸支局又は岡山県トラック協会にお問い合わせください。 

1 改正内容

  標準貨物自動車運送約款等について、以下のような改正を行うことにより、運送の対価としての「運賃」及び運送以外の役務等の対価としての「料金」を適正に収受できる環境を整備。

 (1) 運送状の記載事項として、「積込料」、「取卸料」、「待機時間料」等の料金の具体例を規定。
   (2) 料金として積込み又は取卸しに対する対価を「積込料」及び「取卸料」とし、荷待ちに対する対価を「待機時                間料」と規定。
 (3) 附帯業務の内容として「横持ち」等を明確化等。 

2 改正に伴う手続き
  
  ※必要な手続きはこちらをクリック(中国運輸局HP)    
     
  なお、手続きは、料金等に関わり独占禁止法に抵触するおそれもあることから、トラック協会ではなく
  中国運輸局岡山運輸支局へ直接提出(持参もしくは郵送)してください。

3 その他

  この改正に関連して、「トラック運送業における書面化推進ガイドライン」及び「トラック運送業における下請・荷主適正取引推進ガイドライン」の改正も行われています。 

 
  ●標準貨物自動車運送約款(平成29年改正 国土交通省告示第741号) A3版(PDF)
 
      ●標準貨物自動車運送約款(平成29年改正 国土交通省告示第741号)  A4版(PDF) 

  ●一般貨物自動車運送事業等における運賃及び料金について(国土交通省 通達) 
      
  ●改正のイメージ
 
  ●改正前の標準貨物自動車運送約款(平成26年改正 国土交通省告示第49号) A3版(PDF)   A4版(PDF) 

 
 











協  会  情  報

一般社団法人 岡山県トラック協会

〒700-8567
岡山県岡山市北区青江1-22-33
TEL.086-234-8211
FAX.086-234-5600


            
    アクセス(拡大map版)