> TOP > トラック豆辞典
 

トラック豆辞典

日本の物流<<暮らしを運ぶトラック輸送>>:

平成15年度の一年間に国内で運ばれた貨物の量はおよそ57億3千万トンで、その91%はトラックで運ばれています。それでは、トラック輸送は実際に私たちの暮らしとどのように関わっているのでしょう。これから、最新のデータをもとにトラック輸送の活躍の様子を探ってみます。



貨物のエース、トラック輸送:
 ▲To the upside
平成15年度の、トラックや船、鉄道、航空機などによる国内の貨物輸送量は約57億3千万トン。そのうちトラックによる貨物の輸送量は、52億3千4百万トンです。


1、輸送トン数の9割はトラック輸送

 国内の貨物輸送量に占めるトラック輸送の割合は、運んだ荷物の重さである「輸送トン数」では91.2%、荷物の重さに運んだ距離を掛けた「輸送トンキロ」では、57.1%となっています。


2.あらゆる分野の貨物を運ぶトラック輸送

  トラックは、道があればいつでもどこへでも自由に荷物を運ぶことが出来ることから、あらゆる分野の品目を運んでおり、とくに食料品や日用品などの生活関連物資は、そのほとんどがトラック輸送です。一方、鉄道輸送では、金属鉱、石灰石、機械、セメントなど、海上輸送では砂利、石材、原油など、また航空輸送では生鮮食料品などが運ばれています。しかしこの場合も、積み込む荷物をこれらの輸送機関が利用する貨物駅や、港湾、空港などへ運んだり、着いた荷物を届け先まで運ぶ役割の多くは、トラック輸送が担当しています。



物流ウォッチング
毎日の元気のもと、牛乳を運ぶトラック輸送
私たちの朝食や学校給食などに欠かせない牛乳。スーパーやコンビニエンスストアにもたくさんの牛乳が並んでいますね。
  牛乳の輸送には新鮮さを保つことが大切。牧場から工場へ、工場からお店へ、トラック輸送は毎日新鮮を運んでいます。それでは、搾りたての牛乳が皆さんのもとへ届くまでを追いながら、活躍するトラック輸送の様子を見てみましょう。



活躍が広がる緑ナンバートラック
 ▲To the upside
トラックのナンバープレートには、緑と白の2種類があることを知っていますか。緑ナンバーは輸送を専門に行う事業者の「営業用トラック」で会社や個人などから依頼された荷物を持って確実に届けるという仕事を行っています。白ナンバーは会社やお店が自分で所有する「自家用トラック」で、自分たちが仕事で扱う商品や荷物を運んでいます。

1.高まる緑ナンバートラックの輸送分担率

 平成16年3月末の、日本トラック車両の保有台数は9,088,294台。そのうちの85.1%(7,733,501台)が白ナンバートラックで、営業用の緑ナンバートラックは約6分の1の14.9%(1,364,793台)となっています。
 しかし、トラック全体の年間総輸送量に占める緑ナンバートラックの分担率は年々高まっています。
 平成15年度の営業用トラックの割合は、輸送トン数では54.3%(2,844百万トン)ですが、輸送トンキロでは85.2%(2,744億トンキロ)となっています。これは自家用トラック(475億トンキロ)の輸送距離が近いためです。


2.輸送効率で白ナンバープレートを大きくリード

 緑ナンバートラックは、1日1車両あたりの輸送量などでみると、自家用トラックにくらべ高い輸送効率を示しています。効率の良い輸送とは走行台数が減るということで、これによって環境への影響や燃料の消費量を減らすことが出来ます。そこで、輸送全体の効率を上げるため、自家用から営業用への転換が進められています。






きめ細かなサービスの、身近なトラック輸送
 ▲To the upside
私たちにもっとも身近なトラック輸送サービスとしては、宅配便と引越し輸送があります。
これらの輸送では、信頼性の向上やサービスの多様化などへの取り組みが進められています。


1.多くの人が支えている輸送サービス

トラック輸送は、運転手のほかに荷物の梱包や仕分け、積み下ろし、車両の整備や点検をする人など、多くの人たちの手によって支えられています。また、運行を管理したり、事故防止のための研修や環境問題への対応のために働いている人たちもいます。

2.年間28億個を超えた宅急便

皆さんのなかには、遠くに住むおじいちゃんやおばあちゃんから荷物を受けとったことのある人もいるでしょう。宅配便は、そんな手軽さや早く正確なことなどから年々取り扱い個数が増えていて、平成15年度は28億個を超えました。また、スキーなどのレジャー用品や、温度管理が必要な生鮮食料品などを時間を指定して送れるなど、サービスが多様化しています。さらに、インターネットを利用したショッピングなども宅配が活躍しています。



3.決め細かなサービスの引越し輸送

引越し輸送で扱われる荷物は、形や大きさ、重さなどがさまざまなうえ、壊れ物などもあるので、ほとんどの運送会社では、専門の部門を設けて決め細やかなサービスを行っています。一方、引越し荷物の輸送ばかりでなく、不用品の処分や室内の清掃、転居の際に必要な書類の手続きなど、引っ越しにともなうさまざまなサービスの提供も増えてきています。運送会社の中には引っ越しを専門に行っているところもあります。






 Copyright (C) 2002-. OTA. All Rights Reserved.